女性も安心。車売却の手引き

車の売却をする前に用意しておきたいものは?

車の売却をする前に用意しておきたいものは?

車の査定をいくらスピーディーにしてもらっても、いざ売却となるとこちらで用意しておく書類等があります。
すぐに契約が出来るよう、あらかじめ用意しておくことでより無駄な時間を省くことが出来るでしょう。
ここでは車の売却時に必要なものを紹介します。

 

まずは車検証と自賠責保険証です。これらはほとんど車の中に入れてあるかと思いますが、失くしてしまったということもあるかもしれません。

 

もしそのような場合でも再発行が出来ますので、お近くの運輸支局へ行きましょう。
次は自動車税の納税証明書です。これはついウッカリ払い忘れていたりしませんか?

 

あるいは証明書を失くしてしまったという例も多いようですが、その場合でも税事務所や自動車税事務所へ行けば再発行、支払いをすることが出来ます。

 

そして普通自動車の場合は実印と印鑑証明書が必要です。これは発行後3ヶ月以内のものとなりますので、役所や役場へ行く必要があります。

 

その際に、車検証の住所と現住所が異なっている場合や結婚して性が変わっているという場合は住民票と戸籍謄本が必要ですので、合わせて取りに行くと二度手間になりません。さらに自動車リサイクル券も忘れずに用意しておきましょう。
また、万が一車検が切れてしまっている際は、一切公道を走るということが出来なくなってしまいます。
よって、出来るだけ買取業者による出張査定をお願いするのが良いです。

 

その方が面倒な手続きが必要ありませんが、車の引渡しの際には査定価格からレッカー代金が差し引かれてしまうことがありますので、役所や役場で仮ナンバーを取得するという方法もあります。
このように、車の売却をする際にはあらかじめ書類などを準備しておくことで、すぐに契約を済ませることが可能です。

 

役所や役場などでの書類を取得する手続きはどうしても移動も含めて半日から1日はかかってしまうことが多いので、しっかり確認しておきましょう。

 

一括査定サイトなどを利用した場合、早ければ即日で売却完了することも可能ですので、売るという気持ちが強い場合には、出来る限り書類を揃えておくことをオススメします。
その他の大切なことは、下記サイトを参考に
ステップワゴン 買取


ホーム RSS購読 サイトマップ